【CLIP STUDIO PAINT】カスタムブラシの作り方

2019年7月10日

カスタムブラシについて

CLIP STUDIO PAINTで絵を描いていると標準であるブラシだけでは思うように絵を描くことが出来ないときがあります。
もしくは同じような絵を何度も手書きをして対応するのが面倒といった場合もあったりします。

カスタムブラシのメリット
  • 作業効率UP
  • 漫画・イラストの品質向上
    1つの素材画像に注力しておけばOK

カスタムブラシを作成する

1.
まずは新規作成からキャンバスを作ります。


2.
「1000×1000 解像度600dpi」でキャンバスを作成します。
ブラシの種類によって、画像サイズと解像度は適時変更をしてください。
※漫画:600dpi、イラスト用:300dpiが目安です。


3.
丸「参考」というイラストを作成して説明を行います。
図形と文字入力で作成をしています。

4.
レイヤーが複数ある場合は一つのレイヤーに統合します。
レイヤーを統合した後に、「素材ウィンドウ」の左上にある
「▶三」アイコンを左クリック⇒「画像を素材として登録」を選択します。

5.
選択をすると「素材のプロパティ」ウィンドウが表示されるので、
素材名:任意のブラシ名を入力
ブラシ用素材設定:チェックを入れる
素材の保存先:該当する素材のカテゴリを選択
選択し終わったらOKボタンをクリックして素材登録を完了します。

6.
今回はダウンロードのフォルダに登録をしたので、ダウンロードのフォルダに素材が登録されます。

7.
先ほど登録した素材を用いてカスタムブラシを作成します。
素材にあったアイコンのペンを複製するために「右クリック」⇒「サブツールの複製」を選択します。

8.
サブツールの複製を選択すると、「サブツール複製ウィンドウ」が表示されます。
サブツールの名前やアイコンの設定が出てきますので、後でわかる名前をつけて「OK」を選択します。

9.
ツールの詳細で設定をする必要があるので、サブツールの詳細ウィンドウを表示していない場合は「ウィンドウ」⇒「サブツールの詳細」でサブツールの詳細ウィンドウを表示するようにします。

10.
素材として登録した画像をブラシに反映される必要があるので、サブツールの詳細ウィンドウから「ブラシの先端」を選択します。

ブラシの複製を行った場合、元々の画像素材が登録されているのでパターンを選択して右にあるゴミ箱をクリックして削除します。

11.
画像素材をブラシとして登録するために右にある「素材」をクリックします。

12.
「ブラシ先端形状を選択」するウィンドウが表示されます。
左上にブラシの先端を検索するための検索窓があるのでブラシ先端の名前を入力することで簡単に見つけられます。

ブラシ先端を選択したら「OK」をクリックします。

13.
無事に選択が出来ると、サブツールの詳細ウィンドウに選択したブラシの先端が表示されます。

14.
ブラシの設定を反映させるために右下の「全設定を初期設定に登録」⇒「上書きOK」を選択します。

これでカスタムブラシの登録は完了です。


15.
ブラシの内容によってはサブツールの詳細で更に設定変更を行う必要があります。
ブラシのサイズを変更しながら描くと上記のようになります。

カスタムブラシを作成する場合の注意点

  • ベクターレイヤーに描いたものを「ブラシ素材」にすることは出来ません。
  • レイヤーに描いた絵の範囲はCLIPSTUDIO PAINTが自動で判別して素材として登録されます。複雑な図形を登録する場合は絵の中心位置を決めておく必要があります。