CLIP STUDIO MODELERで面が表示されない【対応方法】

3Dモデル,イラスト

スポンサーリンク

Blenderなどで作成をした3DモデルをObjファイルとして出力を行いCLIP STUDIO MODELERに読み込ませると、一部の面(サーフェース)が抜け落ちてしまうことがありました。モデルが出来上がった後でも3Dモデルの面が落ちないようにするための対応方法を記載してます。

本記事の目的

  • CLIP STUDIO MODELERにBlenderから出力をしたObjモデルをインポートした際に面が表示されない原因についての説明
  • 表示されていない面を修正方法について

3DモデルをCLIP STUDIO MODELERで読み込むと面が表示されない

Blenderで作成をした3DモデルをObjファイルとして出力を行い、CLIP STUDIO MODELERで読み込んだところ、赤丸部分の面が表示されていませんでした。

しかし、Blenderのオブジェクトや編集画面で確認をしてもMODELERで面が表示されていない場所が非表示になっていたり面がなくなっているということはありませんでした。

念のため、Blenderのレンダリング機能を使用して表示した場合も面は表示されていましたた。Blender上では特に面が抜けていたりするということはありませんでした。

CLIP STUDIO MODELERで面が落ちた原因

CLIP STUDIO MODELERでObjファイルを読み込んだ後に、ウィンドウをの右にあるコマンド欄で【有効状態】⇒「裏面表示」のボタンを押すと表示されていなかった面がMODELER上でも表示されました。

Blenderでモデルを製作する途中で面が裏返ってしまったことが、デフォルト設定のMODELERで面が表示されなかった原因のようです。

表示されていなかった面を、表示をして3Dオブジェクトとして素材登録を行い、CLIP STUDIO PAINTで登録をした3Dオブジェクト素材を読み込んでみました。

表示されていなかった面が表示(?)されてはいましたが、他の部分とは違い真っ黒な状態になっています。表示に違和感のある状態ですが、表示はされているのでオブジェクトをLT変換してみました。

LT変換を行うと、黒く表示されていた面の部分については、面が表示されなかったときと同様にLT変換を行っても表示はされないようです。

裏返っている面をCLIP STUDIO MODELERで表示しただけでは「3Dオブジェクト」としても、LT変換を行う「素材」としても使えないようです。

素材を使えるようにするためには、元のデータ(今回はBlender)で裏返っている面を表の面になるよう修正を行う必要があるようです。

Blenderで面が落ちたモデルを修正する

モデルの面を修正するに当たって、裏返っている面がどこにあるのか最初に把握しておく必要があります。他にも裏返っている面があったりするかもしれません。

Blenderではデフォルト設定で編集モードを表示した場合、面全体がグレーで表示されているため、どの面が裏か表か見た目で判断をすることが出来ません。まずは、面がどの向きになっているのかを表示する必要があります。

Blenderの場合は面がどちらの向きになっているか表示してくれる機能があります。

【編集モード】⇒【Viewport Overlays(ビューポートオーバーレイ)】⇒【面の向き】にチェックを入れることで、面が裏になっている場合は「赤色」で表示されます。青色は「表の面」です。

面の向きを表示したところ、CLIP STUDIO MODELERで表示されていない場所は面が赤色で表示されているため裏になっていました。

面の向きを変更させるためにまずは、面の向きを変更させたい「面」を選択します。

【編集モード】⇒【メッシュ】⇒【ノーマル】⇒【反転(Flip)】を選択することで面の向きを逆に変更することが出来ます。裏面なら表面へ、表面なら裏面で表示されるようになります。

選択をしていた範囲が無事に裏の面(赤色)から表の面(青色)に変更されました。残りの裏の面を表の面に変更をしていきます。

全ての面が表の面に変更することが出来たので再度Objファイルとして出力を行いMODELERで読み込んでみます。

Blender側で裏面になっていた面を表の面に変更をしたことで無事にMODELER上でも表示をされていなかった面の部分が表示されるようになりました。

MODELERで再度素材登録を行いCLIP STUDIO PAINでLT変換も行ってみましたが、こちらも問題なく、LT変換を行うことが出来ました。

Blenderでのモデルを作成するときに面が裏になっているとMODELERでは表示をすることが出来なくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク