【レビュー】VAIO Z Canvasのバッテリー膨張を修理してもらいました

2020年4月14日パソコン関連

スポンサーリンク

はじめに

クリエイター向けに発売されたノートPC「VAIO Z Canvas」のバッテリーが膨張してそれを修理に出してから帰ってくるまでについて記載しています。

クリエイター向けに作られたため、高負荷の処理も出来るように高性能な仕様となっております。しかし、その代わり本体が重たいというのはあったりしますが・・・

目次

VAIO Z Canvasのバッテリー膨張

VAIO Z CANVASのバッテリー膨張

発売直後に購入をしたVAIO Z Canvasの画面がいつの間にか浮き上がっていました。

浮き上がっている画面の横から何が原因で浮き上がっているのか確認をしたところ内部にあるリチウムイオンポリマーバッテリーが膨張していました。

リチウムイオンポリマーバッテリーが膨張するのは製造の過程でゴミが入ったりすること等によって起きたりします。

VAIO Z Canvasに内蔵されているバッテリーの容量は大きいのでこのまま使用をしていると発火や破裂する危険もあるため修理に出すことにしました。

新しく同スペックの物を買い直すよりは修理に出した方が安く済むためです。既にVAIO Z Canvasは生産も終了しており、中古でしか購入できない状況です。

VIAO Z Canvasの修理依頼

VAIO株式会社の修理のご相談ページにアクセスします。

VAIO修理の相談ページ

修理のご相談ページでは型式を入れると修理料金の目安を確認することが出来ます。

VAIO Z CanvasだとVJZ12Aが型式になります。

VAIO Z Canvas修理料金
修理料金を確認したところ、バッテリー交換が35,000円となっておりました。

また、バッテリーが膨張したことでディスプレイも曲がっているため、ディスプレイの交換も、併せて言われるかもと思いながら修理の申し込みを行うことにしました。

画面が破損していたら修理費用が90,000円・・・


修理のご相談ページの更に下へ進むと「修理の申し込み」欄があるのでクリックをします。


次のページの下に行くと修理の申し込みを行う場所があります。

休日にバッテリーが膨張しているのを見つけたので24時間受付しているWebにて申し込みを行いました。


個人用と法人で申し込みフォームが違うようなので、個人用の方で申し込みしました。


修理の申し込みページが開きますので、該当する内容を入力していきます。

申し込みの時にお買い上げ日とありましたが、大体で入力をしました。

VAIO Z Canvasの送付

Web申し込みをしてから、半日もしないうちに返答が返ってきました。

修理品の送付についてはVAIO(株)の方が手配をしてくれるため自分で梱包を行う必要はありません。

手配をしてくれた配達会社(私の時は日通でした)が梱包資材を持ってきてくれます。

修理の際に下記の物を本体と一緒に送付をしてほしいと言われました。

  1. 本体
  2. ACアダプター
  3. 電源
  4. 保証書
  5. 購入明細書

1~3までについては本体と一緒に基本的はあると思いますが、4,5は捨ててしまうことが多いのではないかと思います。

今回は箱を捨てずに置いておいたので無事にありました。無い場合がどうなるのかは解りません。

修理を受け付けてくれないのかもしれません・・・

送付の際に購入明細書を確認したところ3年までの保証には入っていましたが、購入日から既に3年以上経過しており、保証対象外の状態になっておりました。

実費での修理を覚悟しました。

VAIO Z Canvas修理

送付をしてから営業2日でVAIOのサポートセンターから連絡がありました。

修理受付時同様、結構連絡が早いです。


点検をしてもらったところ、バッテリーの膨張でタッチパネル自体の組み直しも必要とのことでしたが、なんと!

保証切れでしたが無償で対応してもらうことができました。

他の場所もチェックをしてくれており、キーボードが何故か故障をしてたためキーボードだけは保証切れだったので有償対応でした。

しかし、当初予定をしていた修理費用は下回ってくれたので、そのまま修理をしてもらうことにしました。

有償対応の場合は修理をするかどうか修理依頼申込時の設定によって確認してもらえます。

VAIO Z Canvas修理完了

修理依頼を行ってから次の日には出荷を行ったとの連絡がありました。

送付をしてから1週間以内で修理が完了しました。

到着して画面を確認したところ無事にバッテリーによる膨張が解消されていました。

VAIO Z CANVASのバッテリー修理

作業報告書を見ると、バッテリーが空の状態で送付されているようなので、送付直後はバッテリーによる駆動は出来ないため充電を行う必要があります。

パソコンのメーカー修理は初めて出してみましたが思ったよりも早く、修理費用も安価に済んだので修理をしてもらって良かったと考えています。

スポンサーリンク